直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 児童福祉 > 児童に関する手当・支給制度 > 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(その他の低所得の子育て世帯)
低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(その他の低所得の子育て世帯)


新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金を支給します。詳細については、順次、当ページにてお知らせします。


1.支給額

児童一人当たり一律5万円

2.支給対象者

基準日(令和3年3月31日)時点で18歳未満の児童(特別児童扶養手当受給対象となる児童の場合、20歳未満)を養育する父母等で、かつ、次のいずれかに該当する人

⑴令和3年度分住民税(均等割)が非課税の人

⑵令和3年1月1日以降の家計が急変し、住民税非課税相当の収入となった人

(注1)令和3年4月以降、令和4年2月末までに生まれる新生児も対象です。

(注2)子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)をすでに受給した人は対象外です。

(注3)令和3年度分の税の申告が必要です。


5月6日より国のコールセンターが開設されました。

ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯に係る電話相談窓口・・・0120-300-166

                       〈FAX〉・・・0120-300-466


3.申請方法

(ア)申請不要の人

   令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の受給者で住民税非課税の人

(イ)申請が必要な人

  上記「2.支給対象者」で(ア)以外の人(例.高校生のみ養育してる方、児童手当を受給されている方で未申告の方、収入が急変した方、7月以降出生した新生児を養育する方)


4.支給方法等

(ア)に該当する人

原則、令和3年7月中旬に、令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当を支給している口座に振り込みます。

※給付金の支給を希望しない場合は、受給拒否届出書をご自宅に送付しますので、7月7日までにこども育成係まで連絡してください。

※児童手当または特別児童扶養手当の支給に当たって指定していた口座を解約しているなど、給付金の支給に支障が出る恐れがある場合は、振込指定口座を変更するなどの手続きをしてください。


(イ)に該当する人・・・申請書は窓口にご用意しております。

Ⅰ.高校生のみ養育している方、児童手当を受給されている方で未申告の方、7月以降出生した新生児を養育する方(該当する方には、通知を郵送します。)

●申請書に振込先口座などを記入して、必要書類とともに窓口に直接、または郵送でご提出ください。

 ご提出いただくもの

 ・申請書

 ・受取口座のコピー

 ・本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

 ・その他必要に応じた提出書類

●給付金の支給要件に該当する方に対して、申請内容を確認して指定口座に振り込みます。

Ⅱ.収入が急変した方(新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、令和3年1月1日以降の家計が急変し、住民税非課税相当の収入となった方)

●Ⅰの提出書類に加えて下記書類を揃えた上で、直接窓口までご提出ください。

・収入額がわかる書類(給料明細、帳簿、年金振込通知書等)《申請者及び配偶者分

●給付金の支給要件に該当する方に対して、申請内容を確認して指定口座に振り込みます。


“振り込め詐欺”や“個人情報の搾取”にご注意ください。

ご自宅などに直方市から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合には、すぐに直方市のお問い合せ先、または最寄りの警察にご連絡ください。


外部リンク

厚生労働省ホームページ(外部リンク)



このページの作成担当・お問い合わせ先

こども育成課 こども育成係

電話:0949-25-2148 このページの内容についてメールで問い合わせする