直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 成年後見制度
健康・福祉・子育て
子供とたんぽぽ
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

成年後見制度

更新日 2016年10月18日

成年後見制度ってどんな制度?

認知症・知的障がい・精神障がいなどのために判断能力が十分でない方は、お金の管理や契約を結ぶときの判断、医療やサービスを受ける手続きが難しいことがあります。成年後見制度はそのような方のために代理人(後見人等)を決め、代わりに財産や権利を法律的に守るための制度です。対象となる方の判断能力に応じて、「後見」「補佐」「補助」の3つに分けられます。また、将来に備えて自分自身で後見人を決めておくこともできます。


後見人には誰がなる?

家庭裁判所が、本人にとって最も適切と思われる人や法人を後見人として選びます。たとえば、家族、知人、法律や福祉の専門家、また社会福祉協議会や成年後見センターなどの法人も選ばれています。


どのような手続きをしたら利用できる?

本人、配偶者もしくは4親等内の親族が家庭裁判所に申し立て(手続き)します。身寄りがない等の理由で難しい場合は、市町村長等が申し立てすることが出来ます。手続きが完了するまで3ヶ月から半年ほどかかります。

また、手続きには収入印紙、切手、医師の鑑定料などの費用がかかります。

 

後見の種類と後見人の支援内容
本人の判断能力 後見人  支援内容
(実際の身の回りのお世話や食事の介助などは、後見人としての仕事ではありません)
後見 全くない 成年後見人 本人に代わり、財産を管理、契約を結ぶ、契約を取り消します。(なお、支援が開始されたら、支援を受ける人の選挙権はなくなります。)
補佐 著しく不十分 保佐人 重要な契約には保佐人の同意が必要です。保佐人の同意なく契約したものは取り消すことが出来ます。また、家庭裁判所で決められた範囲で、契約の代理を行います。
補助 不十分 補助人 家庭裁判所で決められた範囲で、契約の代理を行います。

(後見人とは、「成年後見人」「保佐人」「補助人」の総称です)



このページの作成担当・お問い合わせ先

健康福祉課 高齢者支援係(地域包括支援センター)

電話:0949-25-2391 FAX:0949-24-7320 このページの内容についてメールで問い合わせする