直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 健康・福祉・子育て > 予防接種 > 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性の方へ
健康・福祉・子育て
子供とたんぽぽ
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性の方へ

更新日 2019年05月27日

風しんの第5期定期予防接種を開始します。~抗体検査・予防接種が無料で受けられます~

風しんの感染拡大防止のため、風しんの公的な予防接種を受ける機会のなかった昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日生まれの男性を対象に、風しん抗体検査及び予防接種を定期予防接種として無料で実施します。

対象の男性はこの機会に、まず抗体検査を受けて、自分が風しんへの免疫を持っているか確認しましょう。
  受診に必要な「クーポン券」は、2019年度は昭和47年(1972年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日生まれの男性に送付します。それ以外の生年月日(昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれ)の男性は、今年度以降に送付予定です。年度内に希望される場合は、受診できますので、お申し出ください。

対象者

昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日までの間に生まれた男性

実施期間

2019年4月1日から2022年3月31日までの3年間


内容

まず事前に風しんの抗体検査を実施し、免疫(抗体価)が不十分な場合、風しんの予防接種を実施します。→受診の仕方 (390KB;PDFファイルPDFアイコン)をご覧ください。

料金

無料

抗体検査・予防接種が受けられる機関

抗体検査

クーポン券を提示することで、無料で次の3つの方法で受診できます。

  1. 職場の健診で一緒に受ける→勤務先の企業健診担当者にお問い合わせください。
  2. 市の健診と一緒に受ける→直方市の集団健診〔健診日程 (725KB; PDFファイルPDFアイコン)、健診の種類 (682KB;PDFファイルPDFアイコン)〕
  3. 指定の医療機関で受ける→〔全国の指定医療機関(厚生労働省リンク)〕で受けられます。

予防接種

クーポン券を提示することで無料で受診できます。

  1. 指定の医療機関で受ける→〔全国の指定医療機関(厚生労働省リンク)〕で受けられます。

持っていく物

抗体検査

  1. クーポン券
  2. 本人確認書類(健康保険証・免許証等)

予防接種

  1. クーポン券
  2. 本人確認書類(健康保険証、免許証等)
  3. 抗体検査結果票

クーポン券について

  • クーポン券がない場合、受けることはできません。もし、紛失した場合は再発行ができます。下記連絡先へお問い合わせください。
  • 市外へ転出した場合、直方市のクーポン券はご利用いただけません。転出先の市区町村へ新しいクーポン券の発行を依頼してください。
  • クーポン券は有効期限があります。(2019年度配布のクーポン券は、2020年3月31日までです。)期限内にご利用ください。

あなたとあなたの周りの大切な人のために、抗体検査・予防接種を!
 風しんは、飛沫感染によって起こる感染力の強い感染症です。妊娠早期の妊婦が感染すると、出生児が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障がいが出ること)になる可能性があります。
 大人になって感染すると無症状~軽症のことが多いですが、まれに重篤な合併症を併発することがあります。また、無症状でも他人に風しんをうつすことがあるので、感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民部 健康福祉課 健康推進係

電話:0949-25-2115 このページの内容についてメールで問い合わせする