直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > まちの話題 > 2018年度 > 2019年1月~3月 > 直方焼きスパ広め隊が高校生に焼きスパの作り方を伝授

直方焼きスパ広め隊が高校生に焼きスパの作り方を伝授

更新日 2019年03月04日

焼きスパ調理実習の様子

平成31年2月26日、直方焼きスパ広め隊が筑豊高校の生徒に「直方焼きスパ」の作り方をレクチャーしました。作り方を教わったのは生活デザイン科1年生の26人です。昨年行われた筑豊高校の文化祭で焼きスパを提供したことがきっかけとなり、焼きスパ広め隊による出張授業が実現しました。
まずは広め隊5人が、生徒の前で見本となる焼きスパを調理しました。豚肉、タマネギ、キャベツを順に炒め、麺とソースを加えてしっかりと焼いていきます。生徒たちはその様子を真剣に見つめながら、メモを取っていました。

焼きスパ調理実習の様子その後一班3人から4人に分かれ、調理開始。コツは「水分を飛ばして、ソースがよく絡むようにこってりと仕上げる」「最後にバターをなじませて焦げ付かないようにする」こと。広め隊の手ほどきを受けながら、ようやく完成した焼きスパを皆で実食。生徒たちはおいしそうに焼きスパを頬張っていました。福井咲羅(ふくいさくら)さんは「おいしくできました。簡単だったので家でも作ってみようと思います」と笑顔で話してくれました。広め隊の近藤チサト代表(79)は「今回のように若い人たちに作ってもらえて嬉しい。これからも、若い人たちにもっと焼きスパを広めていきたい」と決意を新たにしていました。

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする