直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > まちの話題 > 2019年度 > 4月~6月 > 福地小の児童らが花の苗植えや環境美化活動を体験
まちの話題
紅葉
この階層のメニュー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

福地小の児童らが花の苗植えや環境美化活動を体験

更新日 2019年05月15日


社会科教育の様子

令和元年5月14日、福智山ろくいこいの広場で永満寺区自治会が福地小学校の児童らに対する社会科教育の一環として、花の苗植えや環境美化活動等を実施しました。この活動は今年度で7回目です。市や県らと共同して開催し、今回は3年生25人が参加しました。

社会科教育の様子

まず児童らは、道路や川の整備状況について市や県職員による説明を受けました。次にキンセンカやニチニチソウ、ベゴニアなど5種類の花の苗植えを体験。児童らは、色とりどりの花を楽しそうに植えていきました。苗植えの後は市職員によるごみ減量講習があり、担当者は「直方市で出されるごみの量は、1年間で25メートルプール40杯分にもなります。できる限りリサイクルしましょう」と語りました。最後に広場内の清掃活動を行い、清々しい5月の空の下、きれいな花ときれいな広場が広がっていました。

社会科教育の様子
   

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする