市政情報
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報公開制度について

更新日 2018年11月20日


情報公開制度とは

情報公開制度とは、市が保有する情報を市民等の皆さんの請求に応じて公開する制度です。この制度によって、公正で開かれたまちづくりの推進と民主的な市政の発展に寄与することを目的としています。


情報公開を請求できる人

直方市民に限らずどなたでも請求できます。


情報公開できる実施機関

市長、教育委員会、選挙管理委員会、公平委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会、公営企業管理者、土地開発公社、消防長及び議会です。


情報公開を請求できる情報

職員が職務上作成し、入手、又は取得した文書、図画、写真、フィルム、テープ及び電磁的記録等であって、実施機関が保管しているものが対象となります。


情報公開の請求の方法

情報公開の請求は、市役所3階の情報公開室(総務法制係横)で受け付けています。(市役所開庁日の午前8時30分から午後5時まで)

注意郵送での申請もできます。
開示請求する場合は、「情報開示請求書 (24KB; PDFファイル)PDFアイコン)」を実施機関に提出してください。
請求に際しましては職員が相談に応じます。


情報公開に要する期間

請求を受理した日から、原則として2週間以内(土日祝等を除く。)に公開の可否について決定いたします。ただし、やむを得ない理由があるときは、決定の期間を延長することがあります。


情報公開に関する費用

公文書を閲覧したり説明を聞いたりするのは無料です。ただし、コピーが必要な場合は、実費を負担していただきます。(単色コピーの場合、A3の大きさまで1枚につき10円)

 

公開できない情報

公開を原則としていますが、個人に関する情報、法人等の事業活動情報、市の機関の意思決定に関する情報などで、非公開となるものがあります。


情報公開制度の運用状況

平成29年度の情報公開請求件数は72件ありました。そのうち、開示が31件、部分開示が25件、非開示が0件、不存在が20件、取下が0件でした。

過去3年間の情報公開請求件数は、次のとおりです。

国の行政機関や独立行政法人などの情報公開や個人情報保護制度について

国の行政機関や独立行政法人等の情報公開制度や個人情報保護制度については、総務省九州管区行政評価局内に設置された「情報公開・個人情報保護総合案内所」で制度の仕組みや開示等手続に関する案内を行っています。

→「情報公開・個人情報保護総合案内所」のホームページへはこちらからリンクできます。

http://www.soumu.go.jp/kanku/kyusyu/kokai.html(外部リンク)

このページの作成担当・お問い合わせ先

総務・コミュニティ推進課 総務法制係

電話:0949-25-2222 このページの内容についてメールで問い合わせする